2013年6月アーカイブ

お酒呑みますか?

私はよく飲みます!

薬剤師の仲間とも良く呑みに行きます!

自宅でも必ずと言ってもいいほど呑みます。

一日がリセット出来ないんです。

呑まないと・・・。

 

いや、こんな話を書こうと思ったのではないのです。

とあるテレビコマーシャルのお話。

 

キリンの第3のビールの「のどごし生!」の素人さんのチャレンジコマーシャルって知っていますか?

これ!今回はカンフーアクションスターになりたいって企画で、素人さんがあのジャッキーチェント共演しているんです!

もう一人の共演者は、同じくジャッキーチェンの大ファンの中川翔子さん!

内容は観てもらいたいのですが、これが感動のCMというか、メイキングがいいのです!

 

観てみて下さい!

薬剤師の働く場所の中には、ドラッグストアも当然含まれ、昨今ドラッグストア自体、非常に増えておりますから、薬剤師さんの活躍の場もどんどん増えている、広がっていると、いえるでしょう。 最近は、本当に街を歩けば、必ずドラッグストアがどこかしらに存在するほど、非常に多いですが、ドラッグストア、薬局、調剤薬局を、すべて薬局関連業種として、ひとくくりにしてしまうと、非常のその数も膨大です。

ドラッグストアの役目、役割は、調剤を行うドラッグストアならば、当然、当然調剤業務及びOTC医薬品の販売を行いますし、そもそもOTC医薬品は、薬剤師にしか販売できない薬ですから、その薬を販売するためには、薬剤師の常駐が決められています。 (たとえば薬剤師の転職の人気企業であるイオンの薬剤師転職情報はこちらなのでご参考に。)

このOTC医薬品とは、簡単にいうと、みなさんがすぐに手の届かない場所に置かれているようなカウンターの裏側に隠されている薬といえば、何となくピンとくるでしょうか。 ドラッグストアの薬剤師は、このようなOTC医薬品の販売、並びに調剤環境がある場合は、調剤をしながら、こうした医薬品を販売するのも役目となります。

しかし、ドラッグストアには、調剤、OTC医薬品ばかりを購入しに来るわけではありませんから、薬剤師は、調剤があれば調剤をして、尚且つOTC医薬品を販売しながら、医薬部外品の販売も当然、行う事となります。 つまり、薬局関連である、このドラッグストアにおける薬剤師としての役目とは、お客様の要望にこたえるべく、時には、薬剤師として接し、時には、ドラッグストアとして接する事が必要な場所という事なのです。

実際、ドラッグストアに来るお客の立場から言わせてもらうと、実は、どの人が薬剤師で、どの人がバイトなのか?という部分は、全く分からないほど。 もちろん、薬剤師という存在がわかるように名札的なものをつけている事もありますが、はっきり言えば、ここに存在する薬剤師は、あまり、薬剤師としてみていない客も多いという事。

要するに、だからこそ、ドラッグストアに存在する、薬剤師は、その役目として、時として薬剤師の顔を見せ、適切な薬のアドバイスを促し、時には、ドラッグストアの一定員として、商品を促す事が底に存在する薬剤師の役目であるという事なのです。 そうした事から、ここで働く薬剤師は、臨機応変なコミュニケーション能力も必要となりますし、実に様々な任務をこなさなければいけないという事なのです。

薬剤師として働くにあたり、就職先を検討する場合は、各就業場所における、その勤務状況、内容等をしっかりと認識し、検討していく事が非常に大切です。

このアーカイブについて

このページには、2013年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年5月です。

次のアーカイブは2013年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク